×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンタクトレンズは医療機器です

近視、遠視、乱視などを補正するためのコンタクトレンズは医療機器です。同じく視力補正のために用いられる眼鏡との最大の違いは、コンタクトレンズは角膜の上に直接乗せ接触させる点ですね。材質によりハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに区別することができます。
日本における医療機器のクラス分類告示によれば、中分類名としての視力補正用レンズには下記の治療用コンタクトレンズ等も含まれますが、一般的名称(細分類)としての視力補正用レンズには、次のものがあります。
・再使用可能な視力補正用コンタクトレンズ
・単回使用視力補正用コンタクトレンズ
・単回使用視力補正用色付コンタクトレンズ
薄いブルーなどの色付きのレンズは、まぶしさを軽減させるためではなく、取り扱い時の視認性を向上させるためのものなんです。
コンタクトレンズの長所はファッション性だと思いますがめがねに比べ視力が上がりやすと言う利点もあります。
逆に短所として装着に伴う眼への負担が大きいので、手軽さに欠け、制限される事項も多いです。特に慣れるまでは目が痛くなったるすることが多いようです。

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、異物感があり、初めての人には慣れるまで時間がかかるが軽度の乱視矯正効果 があります。ハードコンタクトレンズは水を含まないが、酸素を通さないものと、酸素透過性ハードコンタクトレンズがある。現在、酸素を通 さないハードコンタクトレンズはほとんど使われなくなってきています。これに対し、酸素透過性ハードコンタクトレンズは素材が酸素を通 すことと涙液交換によりソフトコンタクトレンズより角膜に十分な酸素が供給されます。このタイプのレンズは、酸素透過性の低いものから高いものまで種類は多いです。もちろん酸素透過性の高いレンズの方が安全性は高いと言えますが、酸素透過性が高くなると「もろい」「汚れやすい」といった欠点もあり、必ずしも酸素透過性が一番高いものが一番良いレンズとは限りません。
私も現在ハードコンタクトレンズを使用していますが、最初1週間ぐらいは目が痛かったりして大変でした。ただ慣れてしまえば取り扱いもソフトコンタクトレンズよりも簡単です。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは、異物感がほとんどなく初めての人でもすぐに慣れますが、乱視矯正効果 はハードトコンタクトレンズより少ないです。スポーツをする人などには好んで使われています。ソフトコンタクトレンズは素材によって含水率が異ります。含水率が高ければ水分量が多く、酸素はこの水に溶け込むので、含水率が高いほど酸素がおおく含まれていることになります。角膜に酸素を送る点から考えると含水率の高いソフトコンタクトレンズの方が、安全性が高いと言えます。最近のソフトコンタクトレンズは使用方法が多様化しています。長期使用する「従来型レンズ」と、「2週間交換」や「定期交換レンズ」など一定期間使用するレンズや、1日または1週間装用する「使い捨てレンズ」などがあります。1日使い捨て、2週間交換、連続装用使い捨てレンズは3ヶ月ごとの眼科専
門医による定期検査を受けなければレンズの処方ができません。日本でも1日使い捨て、2週間交換、連続装用使い捨てレンズによる眼障害が急増しています。レンズは早くすてるから安全であるのに、ケアもせずに長期使用するという間違った使い方は注意を要します。




Copyright © 2007 コンタクトレンズを知ろう!


[Link] かんたん ポータルサイト hyukkyyy げん玉 転職 求人 転職サイト 女性 転職 ポイント ネットラジオ FX デザイナーズマンション CD ジャケット印刷 デジパック CD印刷 DVD印刷
[Link] かんたん ポータルサイト hyukkyyy げん玉 転職 求人 転職サイト 女性 転職 ポイント ネットラジオ FX デザイナーズマンション CD ジャケット印刷 デジパック CD印刷 DVD印刷